薬剤師求人 > 薬剤師の退職理由の伝え方

薬剤師求人-薬剤師の退職理由の伝え方

薬剤師がスムーズに退社したいなら慎重に進める必要があります。 退職の理由を伝える時には本音か建前のどちらを理由にすればいいと思いますか。

まず最初に本音で退職理由を伝えるパターンから考えてみましょう。 なぜ退職し、転職しようと思っているのか正直に伝えることになります。
三鷹市薬剤師会

本音で伝える人の多くは勤務地・労働時間・人間関係、結婚・出産・家庭の事情が理由である場合が多いです。

・勤務地から自宅までが遠いから、近所に転職したい
・人間関係が悪く、これ以上働けそうにない
・残業が多い。収入が減ってもいいから転職したい

これらのような会社が理由とする場合や、女性薬剤師なら結婚・妊娠・出産、親の介護などの家庭の事情での退職を希望する人もいます。 これらのような理由とは別に本音で退職理由を伝えるのは難しいという人は建前の理由で辞めようとする手段に出ます。

本音でいいじゃないかと思う人もいるでしょう。 しかし、本当の理由で退職を希望しても条件を緩和することで引き止められてしまう可能性があります。
薬剤師求人-製薬会社で勤務する場合

押されてしまって結局残留することになっても、自分だけ特別扱いのようになってしまって居心地が悪くなる場合もあり、なかなか本音ではスムーズに退職できないようです。

また、薬剤師の労働環境や人間関係などをストレートに伝えてしまうと、さらに環境が悪化してしまうことが危惧されます。 退職するまでは現在の職場で働くことになるので、できるだけ穏便に去りたいというものです。 最後に有給を消化するケースもありますが、すべての人がそうできるわけではありません。

通常、薬剤師が転職活動を行う時にはまず転職先が決まった後に現在の職場を退職することになります。 しかし、薬剤師のように代わりの人材を見つけることが難しいと強く引き止められてしまいかねませんし、転職自体を諦めると転職を予定していた企業に迷惑を掛けることなるので、慎重に行動する必要があります。

本音と建前のどちらを理由にするのが正しいというわけではありませんが、スムーズに退職できる策を練らなくてはいけません。